ステンドグラスとは

ステンドグラスの仕組み

ステンドグラスといえば、まず教会や大聖堂を浮かべる方が多いと思います。窓にカラフルなガラスがいろいろな模様で組み合わさっていて、光が当たると透過して、まるで光る絵画のような印象を受けるでしょう。ステンドグラスは時代によって、そのデザインのスタイルや技法が異なりますが、基本はみな同じで、色板ガラス(通常厚さ2〜5mm)をカットしたものを鉛の桟と組み合わせることによって作られています。

写真のように、鉛の桟は断面がH型をしていて、その両脇にガラスのピースがはまるような形になっています。

鉛桟の線は、光があたると光を透過するガラスとは対照的に、真っ黒な姿でくっきりと浮き出てきます。ステンドグラスのひとつの特徴ですね。

  • ステンドグラスの仕組み
  • ステンドグラスの仕組み

それでは色板ガラスが単に組まれているだけだとすると、教会のステンドグラスにあるイエスキリストや聖人の顔や髪の毛はどうなっているのかと、疑問に思われるかもしれませんね。

実は1枚1枚のガラスピースには、グリザイユというステンドグラス用の特別な顔料で絵が描かれています。この顔料は鉱物でできていますので、窯で焼成するとガラスに定着し、こすってもはがれません。

200〜300種類とある色板ガラス(アンティークグラス)から使いたい色を選び、カットし、その上にまるでデッサンをするような感じで絵付けを施します。

もちろん絵付けなしで、ガラスを組み合わせたのみのステンドグラスもあります。

  • ステンドグラスの仕組み
  • ステンドグラスの仕組み

ステンドグラスはどこにあるの?

ステンドグラスは一般的に教会にあって宗教的なもの、というイメージが強いと思いますが、今では公共建築物や学校、病院、お店、個人住宅等にもデコレーションとしてたくさん見られるようになりました。
使われ方も様々で、従来の窓の役目から、照明としての天井や床など、いろいろな所に入っていたりします。

フランスでももちろん主役は大聖堂や教会のステンドグラスですが、カフェや住宅、家具などにも様々な形で取り入れられています。

この稿では、少しでもステンドグラスのことを知っていただければと思い、ステンドグラスの歴史やステンドグラス工房で取り入れられている様々な技法、制作工程等々について説明していきたいと思います。

もしかしたら普段何気なく歩いているところにも、ステンドグラスが入っているかもしれません。
そんな時はここに書いてあったことを思い出して、改めてそのステンドグラスを眺めてみてください。