ログイン
WordPress


ステンドグラス サンゴバン社ガラス工場見学へ

火曜日, 6月 29th, 2010 by

 

アトリエはイベント続きです。
こちらも恒例の課外授業で、サンゴバン社のサンジュスト工場
(ステンドグラス用板ガラスの生産工場)を見学に行ってきました。
天気はまたまた雨。フランスに日本のような梅雨はないのですが、
今月は雨の日が多かったです。

サンゴバンガラス工場-1

工場案内はいつものように広報のエステルさんが行ってくれます。
安全強化のためか、今回は黄色のベスト、靴も安全くつをはかされての
見学。毎年毎年何か身につけるものがひとつづつ増えているような。
思えば10年前は、なんにも装着せず、そのまま見学してました。
10年も経てばいろいろと変わるものですね。
働いている職人さん達も、比較的若い方ばかりのようです。
中には10年前からずっといらっしゃる方もいて、相変わらず同じ工程の
お仕事をされています。
おそらく一度仕事ポストが決まったら、ずっとそれを専門に続けるのでしょうかね。

サンゴバン社ガラス工場-2

この日は、シャトーやモニュメントの窓を主に修復するための
クリアなガラスが生産されていました。
表面が水面のようにテロっとしています。
ガラスの種類にもよるようですが、1日平均して37本程度のシリンダーが
作られるとのことでした。
炉の中にある熱く液状になったガラスは、前日から用意されるそうです。

サンゴバン ガラス チケット

今回の発見は、仕上がったガラスに張られている品番チケット。
デザインが新しくなってました。
これには、日付、ガラスの寸法、面積、品番、誰がガラスを吹いたか
などなどの情報が記載されています。

Leave a Reply