ログイン
WordPress


シルバーステインとアンティークガラス

金曜日, 11月 12th, 2010 by

先日ステンドグラス用のアンティークガラスを生産している
サンゴバン社からメールがありました。
添付されている資料を開くと、Debitus社のシルバーステイン
(フランス語でジョンダルジョン)のアンティークガラスへの
のり具合のリストでした。
要はサンゴバン社のアンティークガラスであるSTD全種類に
シルバーステインをのせてテスト焼成した結果のお知らせです。
ガラスには様々な色がありますが、そのコンポジッションによって、
シルバーステインがきれいに発色するガラスとそうでないガラスが
あるのです。
なので、ステンドグラス制作時にシルバーステインを盛り込みたい時は、
ガラスを選ぶ時にちゃんとシルバーステインがのるガラスを選ぶ
必要があります。

過去にも何度かお知らせをもらっているので、ああいつものリスト
かなと思いきや、よく見るといつもと結果の表し方が異なっていました。
以前と違って、発色の状態を細かく段階分けしてたりなんかして。
気になったので、よーく見てみると、なんと青などのフラッシュガラス
にはシルバーステインがのらない、という記号が付いていました。

「ありえない。。。」
自主制作はまあいいとしても、既存のステンドグラスの修復とかで
絶対必要な時があるんじゃないの?!

うそーと思って、よーくメール内容を見てみたら、2007年からだか、
環境保護とかの目的で、ガラスのコンポジッションが変わったとあり、
おそらくそれが原因かと思われます。
以前は絶対にのるものとして当たり前だったのですが。
クリエーションより環境保護の方が大事ってことで。。(涙

といっても実験はDebitus社のシルバーステインを用いた結果ですので
他社のもので試してみてもよいですね。
まあサンゴバン社以外にもフラッシュガラスはありますし。

でもあのブルーのガラスにシルバーステインがのらないなんて。。。
ちょっと残念です。
Debitus社に新しい製品開発をお願いしたいところですね!!

Leave a Reply