ログイン
WordPress


今年のシャルトル大聖堂見学

水曜日, 9月 26th, 2012 by

短期留学プログラムを実施したこともあって、長期の生徒さんとともに
シャルトル大聖堂の見学に行ってきました。

そろそろ大聖堂正面の修復が終わっている頃だろうか、と期待して 訪れたところ、
終わっていました!

何年くらい修復していただろう?2,3年かな?
久しぶりに12世紀のステンドグラスを見ることができました。
当然ステンドグラスも修復されたので、洗浄されたのでしょう、
ガラスの色が明るくなったように思います。 特にブルーが目に入ってきます。
シャルトルブルーといいますが、 ここのステンドグラスはやはりブルーが
基調になっていますね。

ステンドグラス外側は、もう一重ガラスが加えられ、雨風から プロテクト。
12世紀のステンドグラスが状態よく残っているのは貴重ですので、
(私が知る限りでは、ルマンの大聖堂とここシャルトルくらい。)
是非見ていただきたいところです。

残念ながら!、正面は終了しているものの、今度は一番東側の奥の部分の 修復
が始まり、その辺りは立ち入ることができませんでした。
スペインのサグラダ・ファミリアまでは行かないと思いますが、 シャルトル大聖堂は
どんどんどんどん修復を進めていますので、 ノンストップといいますか、
これからもこの作業は続くと思われます。
常に修復中の一部のステンドグラスは見ることができない、という状態。
事実、10年前と比べると、中の柱や壁、天井なども綺麗になって 白っぽくなり、
聖堂内も随分と明るくなりました。

まだまだステンドグラスも修復・洗浄するべきところがいっぱいあって、
この仕事に関わってる人がうらやましいなあと、いつも思ってしまいます。
こつこつ長年同じことでも飽きないでしょうね。

Leave a Reply