ログイン
WordPress


シャペル・サント・テレーズ教会の修復-その4

火曜日, 12月 4th, 2012 by

ガラスが入ったら、開いた鉛を閉じて、接合部が外れてしまっていたり
汚い部分は半田します。
全体の寸法を整えて、あとはパテ作業で仕上げです。
パテが完了して、おがくずで磨いてやっとパネルが生まれ変わったと感じる 瞬間です。
そもそもほこりや雨風でものすごい汚れていますから、 それを取り除くだけでも
随分ときれいになります。

仕上げが終わったら、補強棒にパネルを固定するための鉛の破片を 半田で接着します。
こちらではエスカルゴと言われるものです。 パネル棒に結ぶ紐の役割みたいなものです。
まずは鉛にあらかじめ半田を付けておき、その後パネルに接着していきます。

こちらの教会のステンドグラスは、みんなこうやってエスカルゴが 付いています。
これで完成!

Leave a Reply