ログイン
WordPress


シャペル・サント・テレーズ教会の修復-その5

水曜日, 12月 5th, 2012 by

さて、取り付けです。
既に寒いフランスですが、まだ冷え込んではいないのでよかったです。
冬の教会内の作業はちょっと辛いですからね。


パネルを新たな目地で固定します。 目地(パテ)は、普通にガラス屋さんで
売っているもので、粘土のような 感じです。
寒いと堅いので、最初は手で揉んでやわらくしてから使います。
へらはこの形状がベスト。

ステンドグラスが入っている窓には鉄枠が設置されていますが、 錆びていると
目地が付かないということで、そこにはあらかじめ ペンキを新たに塗っておきました。
あとは、パネルをはめて、目地を詰めて行きます。
補強棒も忘れずに、パネルに接着した鉛線をくるるっと巻いて補強棒に 固定します。

終了!!!
これでしばらくは安心でしょうか。
あとは裏の金網をもう少し外側に設置し直せば、以後破損の可能性も少なくなるでしょう。
大きい工房だと、この金網の仕事も請け負うようですね。
工事中もちょこちょこ信者の方がお祈りをしたいと言って 教会を訪れてましたので、
これで雨風から彼らを守ることができるでしょう。
修復は結構作業が大変ですが、久しぶりの現場での仕事は楽しかったです。
学ぶことも大変多いです。
今度は絵付けのパネルだったらいいなあ。

Leave a Reply