ログイン
WordPress


サンジュスト工場へ

木曜日, 5月 30th, 2013 by

こちらも毎年恒例となっていますが、ステンドグラス用のガラスを
今も伝統の技術で生産し続けているサンゴバン社、今は子会社となって
サンジュストという社名になりましたが、そこの工場を見学に 行って参りました。

St.just

今回は個人的には不思議な見学となりました。
といいますのも、現在の工場長が日本語がお上手で、 工場長自らが日本語で
工場内を案内してくださったからです。 ありがたしです。

ディレクター室で

何か変わったところといえば。。。
シリンダー状に吹かれたガラスを再度熱し、開いて平らに整形するわけですが、
平らにしてから徐冷するための設備がリニューアルされたようです。
以前より生産性が上がるのだとか。
広報の方は、前の古いタイプのものがよかったわ、と残念がっていましたが。
10年間ほどに渡ってこの工場を見てきましたが、人の移り変わり、 設備などなど、
他のことも含めて時代の変化を感じてしまいます。

徐冷設備

話は飛びますが、こちらの工場長であるフィリップ・ヴァレリーさんは
写真家としても活躍されています。
6月下旬から東京にて展覧会が開催されるとのこと。
みなさんチャンスありましたら足を運んでみてください。
http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2013/valery/

こちらはいつも工場見学時に宿泊しているホテルです。
2005年頃?からだったか、それ以来ずっとこちらに宿泊しています。
田舎の安宿といったところでしょうか。
2007年にはオーナーが変わり、今は若い夫婦が切り盛りしています。

Hotel de l'Avenue

Leave a Reply