ログイン
WordPress


ロイ・リキテンシュタイン展を見ました。

月曜日, 8月 19th, 2013 by

今パリのポンピドゥーセンターで行われている、
Roy Lichtenstein(ロイ・リキテンスタイン)展を見に行ってきました。

Drowning girl

昔ニューヨークのどこかの美術館で見たり、パリにある美術館にも
展示されていたりして、何度か作品は見たことがあったのですが、
こんなまとまって見ることができるのは初めてです。
特に好きな絵ではなかったような気がするのですが、なぜか頭の
スミにずっとあったような気がします。
上の作品は、『Drowning Girl』。セリフがなんだかおもしろくって。

で、今回の感想は一言でいうと、「かっこいい!」でした。
なぜでしょう?ステンドグラスをやっているものとして、
このくっきりとした輪郭線に弾かれるのでしょうか?
そしてあの特徴的な「ドット」もおもしろいなあと。
色はシンプルで、赤、青、黄色、緑など 基本色のようなものしか使われて
いませんが、彼の言葉や作品の中に「Form」と いう言葉が出てくように、
無駄の省かれたそのFormが とても審美的で印象的でした。

作品を見ていて、ピエト・モンドリアン、ジャン・デュビュッフェが 頭をよぎりました。
絵画の他、オブジェなども展示されています。

アメリカンポップアートで頭スッキリ!な1日でした。

下はポンピデドゥーセンターからの眺め。パリの西方向です。

ポンピドゥーセンター

Leave a Reply