ログイン
WordPress


ゲッティミュージアムにて

土曜日, 1月 18th, 2014 by

LAは丘の上にあるゲッティミュージアムを訪れました。
眺めがよくて、LAのダウンタウンが一望できる場所です。
展示物も楽しめますが、美術館自体の建築や空間も楽しめます。

ゲッティミュージアム

そこで、たまたまステンドグラスの企画展をやっておりました。
イギリスのカンタベリー大聖堂の宝物展(とでもいいましょうか)が
開催されていて、 ステンドグラスも展示されていました。
私には見慣れたステンドグラス。
カンタベリー大聖堂は 過去何度か訪れたことがありますので、
アメリカの地で そのステンドグラスが見れるなんて、なんだか不思議な
感じがしました。

カンタベリーステンドグラス展

側にはステンドグラスについての説明や、制作工程、修復のことなど
に ついても詳しく展示されていました。
制作工程については、フランスのそれと一部異なる部分もあって
興味深かったです。絵付けやパテの工程で、若干違いがあります。
アメリカでこういったヨーロッパの大聖堂もののステンドグラスを 見ると、
確かに神秘的で、すごい重い感じを受けました。
するとシャルトルの13世紀のステンドグラスなんかは、
すごい価値のあるものなんだなと驚愕するわけです。
年月や歴史は買えませんからね。
今後フランスでいつも見ているステンドグラスが違って見えてくる
ことでしょう。

Cantabury and St.Albans – Tresures from church and cloister

 

ゲッティミュージアム 2

 

 

Downtown LA

 

Leave a Reply