ログイン
WordPress


ランス(5年ぶり)

火曜日, 5月 20th, 2014 by

久しぶりにランスの町を訪れました。
前回は2009年だったような。。。5年も経ったのかとびっくり。
ランスもトロワと同じくシャンパーヌ・アルデンヌ地域に属します。
目的は、大聖堂にあるマーク・シャガールのステンドグラスと
シャペルフジタの藤田嗣治のステンドグラスです。
画家によって手がけられた20世紀ステンドグラスというのが今回のテーマ。
もちろん実際にステンドグラスにするには、ステンドグラスの工房との
コラボレーションで行われたようです。

大聖堂は外壁を修復中でした。下部は洗浄されてきれいになっています。

ランス大聖堂

シャガールのステンドグラスは説明するまでもなく素晴らしいです。
シャガールの絵をステンドグラスにした工房もすごいなあと思います。
フラッシュガラスをフッ化水素で色を抜くテクニックが主に使われていて、
ほんとによくできているなあといつも感心してしまいます。
芸術と工芸のマリア―ジュといった感じでしょうか。

ランス シャガール

ランス シャガール‐2

シャガールのステンドグラスの両隣には、初めて見るステンドグラスが。
2011年にランスのノートルダム大聖堂の800年を記念して入れられた
ステンドグラスだそうです。

ランス IMI
ドイツ人のImi Knoebelというアーティストによるデザイン。
個人的には、色がどぎついなあという感想を持ちましたが。
ステンドグラスのテクニックとしては、伝統の方法を用いて、、、と
説明文にありました。
要は鉛線を使ったステンドグラスということですかね。
絵付けは施されていないと思います。

ちなみにシャガールのステンドグラスをサンドする形で両側に
入っています。
シャガールのステンドグラスとの調和は感じられないのですが、
これがフランスの感覚というか、このように同じ教会や大聖堂の中に、
バラバラな作家、デザインのものが入っています。
多様性に富んでいるといいますか、いつもおもしろいなあと感じています。

 

 

Leave a Reply