ログイン
WordPress


シャルトルにて

木曜日, 7月 31st, 2014 by

今年も恒例のシャルトルのノートルダム大聖堂見学に行って参りました。
何度訪れているのだろう?とふと思うのですが、毎年1度は訪れていることに
幸せを感じます。

シャルトル大聖堂

今年も修復が進んで、一番奥のステンドグラス付近の天井や柱などは、
もう新築のようです。白くなったので、ほんと中が明るく感じられます。
正面入り口にある12世紀のステンドグラスの洗浄・修復も完了していましたし、
残すは、上部にあるあの真っ黒い汚れたステンドグラスを修復すれば、
完全にこの大聖堂は生まれ変わるでしょう。
多少汚らしい方が、古さや重さは感じられるような気がしますが。

フランス現代ステンドグラス作家展

国際ステンドグラスセンターでは、フランス人現代ステンドグラス作家展
とでも訳しましょうか、最新のフランス人によるステンドグラスが
見られます。これはおもしろかったです。
昨年はドイツ人作家でしたが、個人的にはフランス人作家によるステンドグラス
の方が好きだなあと思いました。
いろいろな斬新なテクニックが使われていますが、一応伝統的なテクニッを
使用した現代ものもありました。

生徒さん

正面入り口前で記念撮影。お天気に恵まれました。
今年は晴れる日が多いです。

 

Leave a Reply