ログイン
WordPress


ル・トラン・ブルー

木曜日, 8月 13th, 2015 by

パリ市内にある国鉄リヨン駅(Gare de Lyon)構内には有名なレストランが
あります。『ル・トラン・ブルー』といって、1901年創業だそうですが、
存在は知っていたものの、その高級感から縁なく入ったことがなかったのですが、
先日偶然生徒さんたちに便乗してしまい、初めて食事させていただきました。

letrainbleu

イタリアに行くとこのような絵画と装飾でごってりな天井を見ることが
できますが、久しぶりにフランスで味わえてラッキーでした。
(このごてごて感が好きなのです。絵画好きにはたまりません。)
壁には、南仏の町々が描かれています。パリ・リヨン駅はニースなどの
南仏への都市に列車が出ている駅ですので、この絵画を見ながら、
あたたかい気候の南仏をイメージして旅情がそそられるといった感じ
でしょうか。普通のレストランよりも値段は高いですが、この内装で食事する
というのもなかなか価値があるなあと思いました。

letrainbleu-vitraux

レストランに隣接するカフェにあったステンドグラス。
1900年ごろ創立ということで、その時代っぽいステンドグラスですね。

letrainbleu-babaaurhum

ル・トラン・ブルーでは名物のデザートだそうです。
バーバ・オ・リュム。スポンジ生地にラム酒をかけていただきます。
その辺りのパン屋さんで売っているものより大きくて、また、なんともたっぷりと
ラム酒をかけてくれるので、千鳥足になってしまいましたが、機会がありましたら
お試しあれ!

 

Leave a Reply