ログイン
WordPress


シャルトル大聖堂見学

月曜日, 6月 28th, 2010 by

恒例のシャルトル大聖堂見学。
あいにく天気は雨。肌寒い1日でしたが、ステンドグラスセンターの
企画展も新しいものになっていて、なかなか楽しめました。

大聖堂は西側のファサードが大修復工事。
足場が組まれていて、見かけ的にはちょっと残念なところ。
きっとこの西側に入っている12世紀のステンドグラスも
修復されるのかも???

前回訪れた時に修復中だった南側のバラ窓は、修復作業も
終わって美しい姿を見せてくれてました。綺麗。

大聖堂北側にある国際ステンドグラスセンターでは現在、
シャルトルにおけるルネッサンス期のステンドグラス展が行われています。
同じシャルトル市内の教会に入っているステンドグラスの修復を
きっかけに展示しているようです。
この時代のステンドグラスって、意外と目の前で見るチャンスが
ないですし、展覧会もまれなのでおすすめです。
酸化してブツブツくぼみができたガラスもじっくり見られます。

16世紀ステンドグラス

16世紀ステンドグラス-2

平行して、KIM EN JOONGという作家(牧師さんでもあります)さんの
ステンドグラス展も行われています。
こちらは大きな1枚ものガラスに絵付けした、モダンなスタイル。
現代のステンドグラスと、トラディッショナルなステンドグラスの
両方が楽しめます。

Les vitraux de la renaissance a chartres

Leave a Reply