ログイン
WordPress


Categories » ‘その他’

新年あけましておめでとうございます

1月 18th, 2016 by

Bonne Année 2016!

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
皆様にとって素敵な一年となりますように。
今年もアトリエマツダをよろしくお願いいたします。

アトリエマツダ

 

ル・トラン・ブルー

8月 13th, 2015 by

パリ市内にある国鉄リヨン駅(Gare de Lyon)構内には有名なレストランが
あります。『ル・トラン・ブルー』といって、1901年創業だそうですが、
存在は知っていたものの、その高級感から縁なく入ったことがなかったのですが、
先日偶然生徒さんたちに便乗してしまい、初めて食事させていただきました。

letrainbleu

イタリアに行くとこのような絵画と装飾でごってりな天井を見ることが
できますが、久しぶりにフランスで味わえてラッキーでした。
(このごてごて感が好きなのです。絵画好きにはたまりません。)
壁には、南仏の町々が描かれています。パリ・リヨン駅はニースなどの
南仏への都市に列車が出ている駅ですので、この絵画を見ながら、
あたたかい気候の南仏をイメージして旅情がそそられるといった感じ
でしょうか。普通のレストランよりも値段は高いですが、この内装で食事する
というのもなかなか価値があるなあと思いました。

letrainbleu-vitraux

レストランに隣接するカフェにあったステンドグラス。
1900年ごろ創立ということで、その時代っぽいステンドグラスですね。

letrainbleu-babaaurhum

ル・トラン・ブルーでは名物のデザートだそうです。
バーバ・オ・リュム。スポンジ生地にラム酒をかけていただきます。
その辺りのパン屋さんで売っているものより大きくて、また、なんともたっぷりと
ラム酒をかけてくれるので、千鳥足になってしまいましたが、機会がありましたら
お試しあれ!

 

現代ステンドグラス展 in Paris

6月 15th, 2015 by

パリ、トロカデロ広場にある建築・文化財博物館(Cite de l’architecture & du patrimoine)で、
現代ステンドグラス展が開催されています。

Cite de l’architecture et du patrimoine

シャガールやルオー、マチスなどの画家が手掛けたステンドグラスの
原画や試作の一部などが展示されています。
ステンドグラスをやっている者にとっては、いろいろとテクニックなど
参考になるものが多いです。

マチス ステンドグラス

シャガール

最近の新しいスタイルのステンドグラスも展示されていますが、
1枚ものでケームの入っていないものが多いです。
エナメルをエアブラシで入れているようですね。
これはこれできれいだなと思いました。
あとはステンドグラスはもともと宗教建築物に入っているもので、
モチーフも聖書の内容が基本でしたが、現代に近づくほど、
デザインが宗教からどんどん離れて行っていることに気づかされます。
政教分離ですかね。

現代ステンドグラス

まあ、テクニック云々は横に置いておいて、やはり原画がいいと
ステンドグラスもよくなるわけですね。シャガールの絵を見て
そう思いました。ほんと素敵。
シャガール原画

 

さくらんぼ天国

7月 31st, 2014 by

なんと!今年はアトリエの庭にあるさくらんぼの木に実が鈴生りでした。
こんなに大量に収穫できたのは初めてです。

さくらんぼ2014-(5)

さくらんぼ2014-(2)

何人かのフランス人の知人におすそわけし、生徒さん達にもたらふく
食べてもらいましたが、それでもまだ余るくらいでした。
さくらんぼはこちらでも誰にあげてもとても喜ばれますので、人を幸せにする
果物だと思いました。
収穫は結構大変で、高所がOKな生徒さんに上の方にあるさくらんぼを
摘んでもらいありがたかったです。

Sept Ecluse 運河沿いでピクニック

5月 20th, 2014 by

4月は天気もよく、イースターの祝日にみんなで運河沿いでピクニックをしました。
アトリエから30キロほどのところにあるのですが、Sept Ecluses(七つの水門)という
町があり、文字通り、昔作られた7段階ある水門を見ることができます。
17世紀に建設されたものですが、今は使われていません。
船を高い位置に引き上げるための水門が階段のように7段あるわけです。

sept ecluse

丁度菜の花が満開で春らしい一日でした。
フランスの方もお弁当を持って、静かな休日を楽しんでいました。

Sept-Ecluses-(4)

sept ecluse-2