ログイン
WordPress


Categories » ‘その他’

7月14日の花火

7月 17th, 2011 by

7月14日はフランスの革命記念日で祝日でした。
パリのシャンゼリゼ通りでは軍隊パレードの式典が催されます。
地方都市でもパレードがあったりしてお祭りムードとなりますが、
ここアトリエのある町でも夜花火の打ち上げが行われます。

花火といっても、日本の何万発もの花火とは比べ物にならない
小規模なものですが、今年久しぶりに出かけて見に行ったところ、
なかなかの迫力で、昔より打ち上げられる花火の数も増えていて
種類もまあまあ豊富、今さら感激してしまいました。
こんなことなら去年も見に行けばよかった。
近くの湖で打ち上げられるので、夜ぶらっと歩いて見に行ける距離です。

いつもはしーーんとしている夜が、ものすごい人手でざわざわ。
道も渋滞。
ちっちゃな子供が『Hyper joli~』なんて言っててかわいかったです。
生徒さんも感動した様子。
空を轟く音も痛快。見に行ってよかった、夏の夜でした。

久しぶりのバーカウンター

6月 23rd, 2011 by

スタージュ体験談を書いてくれたFさんが、フランス滞在を終え、
日本に帰国するということで、帰国前にアトリエに遊びに来てくれました。
昨年の12月にこちらのプログラムを終えたから、半年ぶりの再会でした。

こちらの生徒さんにボランティアでフランス語を教えてくださっている
フランス赤十字団体のベルナデットさんも一緒に来ていただき、
久々にバーカウンターで食前酒を楽しみました。

アルザスでスタージュ

5月 14th, 2011 by

松田の友人かつパリの国立高等工芸美術学校時代の同級生でもある
ステンドグラス作家の方に助っ人をたのまれ、しばし手伝いに
行ってきました。
アルザス地方はミュールーズに近いところで、長年ステンドグラスの
お仕事をされているベテランの方です。
仕事が山積みのようでしたが、私が手伝わせていただいたのは
花鳥風月風のステンドグラスパネルの絵付け。
花鳥風月は何回かやっているので、内心ほっ。。。
パリ近郊のアパートの階段の踊り場に取り付けるのだそう。

こちらのアトリエは電気炉を使用しているので、絵付けは
一発勝負です。
最初からある程度の濃さでグリザイユを載せていきました。
最後は裏からエナメル(エマイユ)。
このタイプのステンドグラスで一番大変なのは、ガラス表面の
掃除だったりして。結構これに時間を取られるもんです。

今まで何人かフランスのステンドグラスの作家職人さんに
お会いして、アトリエを覗いてきましたが、技術的なことは基本は
みんな同じですが、絵付けの方法や筆遣いなどは、それぞれ
オリジナルなやり方があることがわかります。
それぞれで試行錯誤しながら、良いものを作り上げる努力が
日々なされているといった感じでしょうか。
実は他工房で仕事をしたのはこれが初めてだったのですが、
今さらながらいろいろと発見があり、勉強になりました。
どんな小さな仕事の中にも何か工夫や深いものを感じた日々でした。

アルザス地方の菜の花畑。空いた時間に散歩をしました。
田舎でとてもいいところでした。家々はカラフルで、
お庭も手入れ尽くされたところが多いです。

春景色

4月 7th, 2011 by

最近ずっと快晴で、気温も20℃を超えて暖かい日々です。
これは3月上旬の画像ですが、カモたちもひなたぼっこ。

庭にある樫の木が早くも芽吹いて来たり、菜の花畑も
既に色づき始めています。
これは桃の木。

春が訪れていますが

3月 15th, 2011 by

フランスは春の花が咲き始めています。
ぼけやレンギョウなど、やっと風景が色づき始めました。
12月の異常寒波以来、特にものすごい寒い日もなく
平均して過ごしやすい日々が続いています。

ですがそんな中、東北地方の地震のニュースで、
気が気ではない日々が続いています。
フランスでも地震のあった11日以来、連日日本の様子が報道されています。
フランス人の知人のほとんどから心配やお見舞いの電話がありました。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
復旧が速やかになされるよう祈っております。

アトリエマツダ