ログイン
WordPress


Archive for 12月, 2012

シャペル・サント・テレーズ教会の修復-その5

12月 5th, 2012 by

さて、取り付けです。
既に寒いフランスですが、まだ冷え込んではいないのでよかったです。
冬の教会内の作業はちょっと辛いですからね。


パネルを新たな目地で固定します。 目地(パテ)は、普通にガラス屋さんで
売っているもので、粘土のような 感じです。
寒いと堅いので、最初は手で揉んでやわらくしてから使います。
へらはこの形状がベスト。

ステンドグラスが入っている窓には鉄枠が設置されていますが、 錆びていると
目地が付かないということで、そこにはあらかじめ ペンキを新たに塗っておきました。
あとは、パネルをはめて、目地を詰めて行きます。
補強棒も忘れずに、パネルに接着した鉛線をくるるっと巻いて補強棒に 固定します。

終了!!!
これでしばらくは安心でしょうか。
あとは裏の金網をもう少し外側に設置し直せば、以後破損の可能性も少なくなるでしょう。
大きい工房だと、この金網の仕事も請け負うようですね。
工事中もちょこちょこ信者の方がお祈りをしたいと言って 教会を訪れてましたので、
これで雨風から彼らを守ることができるでしょう。
修復は結構作業が大変ですが、久しぶりの現場での仕事は楽しかったです。
学ぶことも大変多いです。
今度は絵付けのパネルだったらいいなあ。

シャペル・サント・テレーズ教会の修復-その4

12月 4th, 2012 by

ガラスが入ったら、開いた鉛を閉じて、接合部が外れてしまっていたり
汚い部分は半田します。
全体の寸法を整えて、あとはパテ作業で仕上げです。
パテが完了して、おがくずで磨いてやっとパネルが生まれ変わったと感じる 瞬間です。
そもそもほこりや雨風でものすごい汚れていますから、 それを取り除くだけでも
随分ときれいになります。

仕上げが終わったら、補強棒にパネルを固定するための鉛の破片を 半田で接着します。
こちらではエスカルゴと言われるものです。 パネル棒に結ぶ紐の役割みたいなものです。
まずは鉛にあらかじめ半田を付けておき、その後パネルに接着していきます。

こちらの教会のステンドグラスは、みんなこうやってエスカルゴが 付いています。
これで完成!

シャペル・サント・テレーズ教会の修復-その3

12月 4th, 2012 by

今回はクラシックな方法で修復しました。
ひび割れの部分はアタッシュという薄っぺらい鉛線で表裏から プロテクト。
ちなみに最近はシリコンやコッパーホイルでの修復も 行われています。

ガラスが破損して無くなってしまっているところには、新たに型を取って
新しいガラスを埋め込みます。
埋め込みはまず、入れる部分の鉛を開かなければなりません。
あと、入れるガラスは多少小さ目というのがコツでしょうか。
大きいと入りませんので。

ソフトケームだからやりやすいのでしょうかね。
これハードだとどうやるんだろう?
ヨーロッパのステンドグラスのテクニックを考えると、いずれ修復されるであろう
という前提で作られているような気がします。
後々ばらしやすいように作られていたり、柔軟性が見られます。
いいかげんなのではなく、将来を見越した作り方といえるでしょう。
なので12~3世紀のものを今も同じ姿で目にすることができるのかもしれません。

汚いパネルとの格闘がしばし続きます。 修復=根気ってとこですかね。
修復前と修復後はこんな感じになります。