ログイン
WordPress


Archive for 2012

サッカー日仏親善試合、行ってきました!

10月 16th, 2012 by

12日(金)にパリのスタッドで行われたサッカーの日仏親善試合、
みなさん テレビでご覧になったでしょうか?
こちら生徒さんと一緒に、みんなで日本を応援しに行ってきました。
9月に短期留学プログラムに参加した生徒さんもまだヨーロッパを
旅行中でしたので、パリで合流、熱い2時間を一緒にスタッドで過ごして 参りました!

とりあえず勝ってよかったです。
試合もおもしろかったですが、興奮して絶叫している生徒さんを見るのも
なかなか楽しいものが。
なんせひやひやした場面がいっぱいありましたから。

会場はフランスのサポーター達もとても盛り上がっていて、
結構日本人も観戦に来ていたものの、やはり数では圧倒的に負けるので、
応援ということでは負けそうな感じでしたが、最終的には 日本が勝利を
手にできて本当に感動しました。

サッカーは普段あまり興味がなく、実際に競技場に観戦に行ったのも
初めてでしたが、やはり現場は臨場感があって、人の熱気に まみれることができて、
いいものなんだなあと実感しました。
その昔、同じく親善試合で5-0で負けたことがあったらしく、 今回も、
まあ私はサッカー全く詳しくないんで、あんまり期待していなかった のですが、
途中ひやひやしたものの、最終的には勝てた試合を 目の前で見ることができて、
ほんと楽しかった!の一言につきます。
生徒さんたちもかなり楽しめたみたいで、行ってよかった試合でした。

明日のブラジル戦もがんばってほしいですね。

今年のシャルトル大聖堂見学

9月 26th, 2012 by

短期留学プログラムを実施したこともあって、長期の生徒さんとともに
シャルトル大聖堂の見学に行ってきました。

そろそろ大聖堂正面の修復が終わっている頃だろうか、と期待して 訪れたところ、
終わっていました!

何年くらい修復していただろう?2,3年かな?
久しぶりに12世紀のステンドグラスを見ることができました。
当然ステンドグラスも修復されたので、洗浄されたのでしょう、
ガラスの色が明るくなったように思います。 特にブルーが目に入ってきます。
シャルトルブルーといいますが、 ここのステンドグラスはやはりブルーが
基調になっていますね。

ステンドグラス外側は、もう一重ガラスが加えられ、雨風から プロテクト。
12世紀のステンドグラスが状態よく残っているのは貴重ですので、
(私が知る限りでは、ルマンの大聖堂とここシャルトルくらい。)
是非見ていただきたいところです。

残念ながら!、正面は終了しているものの、今度は一番東側の奥の部分の 修復
が始まり、その辺りは立ち入ることができませんでした。
スペインのサグラダ・ファミリアまでは行かないと思いますが、 シャルトル大聖堂は
どんどんどんどん修復を進めていますので、 ノンストップといいますか、
これからもこの作業は続くと思われます。
常に修復中の一部のステンドグラスは見ることができない、という状態。
事実、10年前と比べると、中の柱や壁、天井なども綺麗になって 白っぽくなり、
聖堂内も随分と明るくなりました。

まだまだステンドグラスも修復・洗浄するべきところがいっぱいあって、
この仕事に関わってる人がうらやましいなあと、いつも思ってしまいます。
こつこつ長年同じことでも飽きないでしょうね。

プイイへドライブ

9月 26th, 2012 by

フランスは、8、9月と天気がよくて爽やかな日が多かったです。
先日、週末天気がよかったこともあって、白ワイン(プイイ・フューメ)で有名な地方の
プイイ・シュール・ロワール(Pouilly sur loire)という町を訪れました。

この辺りも見渡す限りのブドウ畑で、9月ということもあり、
木には ブドウの実がたくさん生っています。
もうすぐしたら収穫の時期を迎えるのでしょう。

町はこの日、たまたま一般の人によるフリーマーケットが開かれていて、
たくさんの人であふれていました。 家の中にあるいらない陶器や子供服、
調理器具やいろいろな工具類、 古本、古着などなど、フランスの家庭に
使われることなく眠っている 物が見られます。
土日散歩がてらそぞろ歩きするには、とってもいいイベントですね。

町の側にはロワール河が流れていて、川沿いを散歩するのも楽しいです。
ワイン好きでしたら、もちろん周辺にはワイン農家の方が直売してますから、
そこを訪れるのもいいですね。

ルート・ド・フランス

8月 11th, 2012 by

フランスは、やっと夏らしい天気が続いていて、 さわやかな日々です。
世間は夏休みまっただ中で、先週くらいから 道路を行く車の数もぐっと減ってきました。
フランスは、学校などは7、8月とお休みで、 会社などは3週間くらいの夏休みが
あるようで、 気のせいか、雰囲気も静かで、全体的に時間がゆっくり 流れている
ような感じがします。

そんな中、私たち日本人はアトリエでせっせと授業を 進めているわけですが、
おととい自転車レースがあり、 アトリエの前の道が丁度コースになっていたので、
仕事の手を止めて、しばし観戦しに外に出ました。
ツール・ド・フランスはみなさんよく御存知だと思いますが、 毎年7月にフランスで
行われる国際的な自転車ロードレースですよね。
なんとその女性版である、ルート・ド・フランス(Route de France) というのがあって、
そのレースの第5ステージのゴールがここ アトリエのある町だったわけです。
残念ながら日本の選手はいませんでしたが、今や女子サッカーも ありますから、
将来日本女性のロードレース選手が出てくるといいなあ なんて思いました。

この2週間、フランスのテレビ、ネットなどで、ロンドンオリンピック を見て
やたら感動してましたが、海外在住だと、日本人選手が出ている競技は なかなか
テレビで見ることは難しいのですが(当然フランス人選手ばかり 映し出されますから)、
それでも今回はまあまあこちらのテレビでも 日本人選手が映ったのと、
あとは今の時代ネットがあるんで、まあまあ 楽しめたかなあと感じています。
やっぱりどれだけフランス在住が長くなっても、日本人選手しか 心の底からの
応援ってできないものですね。

2013年度ステンドグラス長期留学プログラム

7月 18th, 2012 by

2013年度のステンドグラス長期留学プログラムの募集案内を
更新いたしました。
詳しくは、下記サイトでご確認ください。

ステンドグラス長期留学プログラム
http://www.atelier-matsuda.co.jp\abroad\long\index.html

ステンドグラス長期留学プログラム 募集概要
http://www.atelier-matsuda.co.jp\abroad\long\recruitment.html

資料請求、アトリエの見学等、随時受け付けています。

下の写真は、今年のイチゴ狩り風景です。
今年は天気の悪い日が多く、いつもより遅れて行ったのですが、
まだなんとか赤くておいしいイチゴを摘むことができました。