ログイン
WordPress


Archive for 5月, 2014

シャペル・フジタ

5月 20th, 2014 by

こちらでは、20世紀を代表する日本人画家、藤田嗣治の手がけた
ステンドグラスを見ることができます。
内部はステンドグラスだけではなく、壁一面を埋め尽くすフレスコ画
もすばらしいです。

シャペルフジタ

昔は写真撮らせてくれたんですけど、写真撮影不可ということで、
画像をお届けすることはできませんが、素敵なステンドグラスが
入っているので、ランスを訪れたら、是非立ち寄ってみてください。

テクニックとしては、グリザイユによる線描きの後、影付けは行わず、
その後ジョンダルジョンを裏から入れてあります。
ガラスはクリアのものと、フラッシュガラスをフッ化水素で色を抜いた
ものが使われていて、影付けで汚されていない分、ステンドグラス全体
が明るく、すっきりとしたイメージです。
なので日があたると、結構光が入り過ぎるかなという感がありますが、
全体としてまとまっていて、ガラスの色、クリアの透明、ジョンダルジョンの
金色がうまく調和しているというか、こういうのもまたいいなあと
思いました。
よく見ると虫やカエル、魚その他動物などの生き物がデザインの中に
登場していて、おもしろいです。

シャガールのステンドグラスと比較すると、印象がまったく違いますが、
使われているテクニックは、どれも伝統の技法です。
何をどう使うかでいろいろなバリエーションが生まれますね。

ランス(5年ぶり)

5月 20th, 2014 by

久しぶりにランスの町を訪れました。
前回は2009年だったような。。。5年も経ったのかとびっくり。
ランスもトロワと同じくシャンパーヌ・アルデンヌ地域に属します。
目的は、大聖堂にあるマーク・シャガールのステンドグラスと
シャペルフジタの藤田嗣治のステンドグラスです。
画家によって手がけられた20世紀ステンドグラスというのが今回のテーマ。
もちろん実際にステンドグラスにするには、ステンドグラスの工房との
コラボレーションで行われたようです。

大聖堂は外壁を修復中でした。下部は洗浄されてきれいになっています。

ランス大聖堂

シャガールのステンドグラスは説明するまでもなく素晴らしいです。
シャガールの絵をステンドグラスにした工房もすごいなあと思います。
フラッシュガラスをフッ化水素で色を抜くテクニックが主に使われていて、
ほんとによくできているなあといつも感心してしまいます。
芸術と工芸のマリア―ジュといった感じでしょうか。

ランス シャガール

ランス シャガール‐2

シャガールのステンドグラスの両隣には、初めて見るステンドグラスが。
2011年にランスのノートルダム大聖堂の800年を記念して入れられた
ステンドグラスだそうです。

ランス IMI
ドイツ人のImi Knoebelというアーティストによるデザイン。
個人的には、色がどぎついなあという感想を持ちましたが。
ステンドグラスのテクニックとしては、伝統の方法を用いて、、、と
説明文にありました。
要は鉛線を使ったステンドグラスということですかね。
絵付けは施されていないと思います。

ちなみにシャガールのステンドグラスをサンドする形で両側に
入っています。
シャガールのステンドグラスとの調和は感じられないのですが、
これがフランスの感覚というか、このように同じ教会や大聖堂の中に、
バラバラな作家、デザインのものが入っています。
多様性に富んでいるといいますか、いつもおもしろいなあと感じています。

 

 

Sept Ecluse 運河沿いでピクニック

5月 20th, 2014 by

4月は天気もよく、イースターの祝日にみんなで運河沿いでピクニックをしました。
アトリエから30キロほどのところにあるのですが、Sept Ecluses(七つの水門)という
町があり、文字通り、昔作られた7段階ある水門を見ることができます。
17世紀に建設されたものですが、今は使われていません。
船を高い位置に引き上げるための水門が階段のように7段あるわけです。

sept ecluse

丁度菜の花が満開で春らしい一日でした。
フランスの方もお弁当を持って、静かな休日を楽しんでいました。

Sept-Ecluses-(4)

sept ecluse-2

 

春のシャトーナーで

5月 14th, 2014 by

松田の昔からの知り合いである建築家の長島孝一さんがアトリエに
遊びにきてくださいました。
過去に2度ほど一緒に仕事をしたそうです。
この度、東京にある修道院のシャペルの仕事をすることになり、
その打ち合わせも兼ねて訪れてくださいました。

天気もいいし、ということで、新しい生徒さんとともにシャトーナー教会を訪れました。

Chateaurenard2014

帰りがけ、知り合いの鉄職人のアトリエが開いていたので、
お邪魔したところ、いろいろと話しに花が咲きました。
鉄の方はドイツ人なのですが、10年前ほどからフランスにアトリエを構えていて、
昔シャトーナーで行われた工芸展に出展した際に知り合った方です。
仕事はぼちぼちといった感じでした。

鍛冶屋さんで

今回の修道院シャペルの仕事は、ダルドヴェールのステンドグラスです。
また完成した際は、ご紹介したいと思います。

今年のフランスは春が早く、4月中旬にはもう菜の花畑が真っ黄色でした。

菜の花畑

今年のステンドグラス長期留学プログラム

5月 14th, 2014 by

遅くなりましたが、今年の授業風景です。

プログラム2014

今年もお陰様で順調にプログラムがスタートいたしました。
みなさん熱心に頑張っています。
で、今週は第一作目のロゾンジュが完成し、みんなでお披露目をしました。
エマイユがいい感じで入り、なかなかの出来上がりだと思います。

TKさん SMさん YKさん ISさん