ログイン
WordPress


Archive for 10月, 2014

長期プログラムが終了いたしました。

10月 28th, 2014 by

今年もお陰様で9月下旬に、今年のステンドグラス長期プログラムを無事
終了することが できました。
ということで、6ヶ月コース受講の生徒さんのオリジナル作品をご覧ください。

タイトル:夢(K.Y.さん)

KY

タイトル:風車のある風景(K.Tさん)

KT

タイトル:エナガの仕立て屋(M.Sさん)

MS

みなさん限られた時間の中での力作でした。お疲れ様でした!

 

今年もブルジュへ

10月 28th, 2014 by

今年もブルジュの大聖堂の見学に行って参りました。
大聖堂横の庭園には花が咲き乱れていて美しい町です。

みんなで大聖堂を見学。

Bourges見学2014

さいころのステンドグラス。何の意味?

サイコロ

帰りはもちろんいつものルートで、白ワインで有名なサンセールに立ち寄りました。

ガブリエル・ロワール展を見ました

10月 28th, 2014 by

ガブリエル・ロワールさんといえば、ダル・ド・ヴェールの作品で有名な方です。
フランスではダルといえばこの人と言っても過言ではないでしょう。
フランスだけでなく日本を含む海外にも多くの作品を残した方です。

展覧会の規模はそんなに大きくはないですが、初期の作品や試作品、原画などが
年代順に並べられ、作風の移り変わりなども楽しめました。
ガラスは大胆、かつ精緻にカット、ハツリが入れられていて、さすがだなあと。
同時にいろいろと試行錯誤されたのでは?などとも思いました。
デザインも大胆でかっこいいです。

ガブリエルロワール展

もともとは一般的なステンドグラスの工房に勤めていたようですが、
ダルの方に傾倒して、なんとアトリエを始めたのは40代に入ってからだとか。
その後気の遠くなるような量の仕事を手がけられたようです。
なんという成功でしょう。
今回目の前でG.ロワールさんの仕事を見ることができて嬉しかったです。

松田は実はパリに来た当時、G.ロワールさん本人と縁あって会ったことが
あるそうです。それもすごい話だなあと、聞くたびに感心してしまいます。

11月末までConchesという町で開催されています。

コンシュ美術館サイト

 

トロワ見学

10月 28th, 2014 by

8月初めにトロワの町を生徒さんとともに訪れました。
ステンドグラス美術館、大聖堂及び15~6世紀のステンドグラスが美しい教会を
2~3か所見学。

トロワ大聖堂
やはりこの時代は、シルバーステイン(ジョンダルジョン)の技術が生まれた時代ですので、
グリザイユと金色のみのシンプルなステンドグラスが綺麗だなと思います。
街並みも古く、ちょっとした観光が楽しめる町です。

ジョンダルジョン